長期市場の景気動向

 

金融の長期市場においては、1年以上の国債や社債などの債券の取引が行われています。この市場の取引によって、長期金利が決まってくることになってきます。日本ではバブル崩壊以来、景気が低迷してきたために長期金利が非常に低く抑えれている状況が続いてきました。ITバブルや小泉郵政改革の時期には一時的に景気が良くなり、長期金利も多少上昇しました。しかし、景気が再び冷え込むと長期金利も元の低い状態に戻ってきています。日本では去年からデフレ脱却に向けて政府や日銀が強力な政策を打ち出してきているため、景気は上向きとなってきています。しかし、長期金利は上昇する状況にはなっていません。これは日銀による大規模な資金供給が続いていることが原因としてあります。現在の日本の長期金利は低い状態となっていますが、これからアメリカの景気が良くなってくるとじわりと上がっていく可能性もありそうです。アメリカでは景気の回復傾向が出ており、金融緩和の規模を縮小していく流れが進んでいます。アメリカで金融緩和の縮小があると、アメリカの長期金利はしだいに上がっていくことになります。その結果として日本の長期金利も、アメリカにつられて上昇していくことが考えられます。

 

Comments are closed.