マーケット(金融市場)の分類

 

マーケットは資金を取り引きする期間によって、短期市場と長期市場という二つの種類の市場に分けることができます。
短期の市場とは資金の取り引き期間が1年未満とされるもので、この市場はさらに銀行間で取り引きするインターバンク市場と、保険会社や一般企業なども参入するオープン市場とに分けられます。
インターバンク市場は、各銀行が日本銀行に持つ当座預金をそれぞれの都合に応じて貸し借りし、資金の過不足を調整するために利用する市場のことです。インターバンク市場の中には1ヶ月未満の短期間で取り引きするコール市場と呼ばれるものもあり、コール市場はさらに有担保型と無担保型に分かれています。そして、このうちの無担保コール市場が短期の市場の代表的な金利とされています。
一方、長期の市場は取り引き期間が1年以上に及ぶ市場を指します。長期の市場の代表的なものは証券市場と呼ばれるもので、これは大きく債券市場と株式市場の二種類に分けられます。債券市場とは国債や地方債、社債などを取り引きする市場のことで、株式市場とは企業が発行する株券を取り引きする市場のことを言います。
長期型の市場は資本市場、またはキャピタルマーケットと呼ばれることもあります。

Comments are closed.