公社債市場

card01_l

民間の企業や地方自治体が資金を調達する際に発行する債券のことを社債や地方債、国債などという名称で呼びますが、それらの債券を総称したものが公社債となります。公社債は債券市場で売買されることになり、企業や地方自治体には投資家から多額の資金を調達することができるというメリットがあり、それに対して投資家は元本や利息が約束された債券でリスクの少ない投資を行えるというメリットがあります。
公社債市場には発行市場と流通市場の2種類があります。公社債は発行市場において新しく発行されていますが、すでに発行されている公社債については流通市場において流通されており、そこで投資家によって売買が行なわれています。
公社債の流通市場における特徴として、取引所を介した売買よりも店頭で行なわれる売買のほうが圧倒的に多いという点があります。株式ではほとんどの場合には取引所を介した売買が行なわれていますが、公社債の場合、上場するにはあまりにも銘柄が多いという点が店頭での取引が多い理由となっています。
株式の場合、上場されている株式銘柄は証券取引所で取引を行なわなければなりませんが、公社債ではたとえ上場されている銘柄であっても必ずしも証券取引所での取引を行なう必要はないため、すべての債券が売買でき、自由にその価格などを決定できる店頭での取引が行なわれる理由となっています。

Comments are closed.