外国為替市場とデリバティブ市場

 

金融取引で盛んに行われているのが、外国為替市場です。
24時間世界中で取引され、毎日めまぐるしく価格が変動しています。
投機的な目的もありますが、通過の安定や戦略的な取引も
されたしします。
またその国の経済がデフォルトなど破綻しない以上は
価値が無くなるという事もありませんので、中長期にわたる
保有も可能です。
金利などのゲインも得る事ができるのが魅力のひとつです。
逆に通貨を売っている場合には、金利を払わなければなりません。
しかし少ない資金でも取引ができることから、投資家だけでなく
普通のひとも気軽にトレードができる環境もあります。
デリバティブ市場は現物を扱う取引と違い、指数や先物など
金融商品のひとつです。
どちらも証拠金取引といわれることもあり、市場に参加するには
預け入れる資金が必要になります。
レバレッジも掛けられ、預け入れ資金の数倍から数十倍の取引が
できます。
その為、大きな変動があった場合には注意が必要です。
リスクヘッジとして利用することもあり、時には
資金が莫大に流れ込んだり、動いたりします。
先物では限月があり、その期日までは自由に売買ができます。
期日になると自動的に決済されますので、オプションなど
と合わせて売買されます。

Comments are closed.