マーケット(金融市場)環境を理解する

ビジネス男性06

あらゆる金融商品があり、国債や株式などが取引される
証券取引所や実際に売買されている市場などの
状況は、毎日めまぐるしく変わっています。
投機的な取引が行われたり、政策的や戦略的な売買も
あります。
個別には監視が行われて、不正な取引などがないか
いつでもチェックがなされていますが、定義的にもあいまいな部分も
多く、決定的な事由をみつけられなければ見過ごされてしまいます。
また誤発注も以前は、システムなどのチェック体制の不備から
ときおりあり、ニュースなどで話題になったこともあります。
マーケットではほぼ全ての取引がコンピューター上のシステムで
管理されていますので、サーバーなどのセキュリティには厳重な
注意がされています。
いまや世界中の市場と取引が可能になり、24時間必ずどこかの
取引所で売買がされています。
日本でもデリバティブ商品や、先物などが時間延長されていますが
株式なども延長される予定です。
環境もずいぶんと変わりつつありますが、取引が盛んな市場も
あれば、新興市場などでは供給や需要のバランスが悪く
閑散としていることもあります。
しかし、世界情勢や重要な指標や発表などによって
一気に状況が一変することもあり、注意が必要です。